症状によって薬を使い分けよう

将来について考えている不眠症女性

不眠症には、眠りが浅くて夜中に何度も起きてしまったり目が覚めてしまい寝られなかったりといった症状があります。
眠剤を使用する際には症状に合った薬を使用する必要があるため、自分自身ではどれが適しているのかというのが分かりにくいと感じる人もいます。
不眠症だと感じたら、自分はどの症状に当てはまっているのか確認しておきましょう。症状の特徴を事前に知っておけば、医療機関にかかる際に相談がスムーズに行きますよ。

不眠症の症状とは

不眠症の症状は、4つの症状があります。寝つきの悪さ、何度も目が覚める、予定より早く起きてしまう、寝過ぎても満足できないといった症状があるのです。
あなたはどのタイプに当てはまりますか?

【入眠障害】
とにかく眠れない症状です。床についてから30分~2時間以上たっても眠れない人は、入眠障害の可能性大。
【中途覚醒】
入眠障害と違いは、寝つきは良いという点です。その代わり眠りが浅く、夜中に何度も起きたり眠ったりを繰り返します。
【早期覚醒】
老人に多い症状です。予定よりも2時間以上早く起床してしまい、そのまま眠れず朝を迎えます。
【熟眠障害】
寝ても寝足りない症状です。熟睡したという満足感が得られません。

不眠症は加齢と共に増える傾向にあり、中途覚醒と早期覚醒の二つを併発している人もいるほどなのです。

眠剤は症状別で使い分ける必要があります!

眠剤を使用する際には、その人の症状に合った薬を服用する必要があります。病院やクリニックでは医師が判断してくれるので、安心して任せられます。
不眠症治療として使用される眠剤は強弱で処方するのではなく、主に作用時間と症状が合致しているかを判断されます。
例えば入眠障害の方は、寝つきが悪いため即効性がある眠剤が処方されるのです。予定より早く起きてしまう方には、少し効き時間の長い薬が処方されます。

寝つきの悪さには即効性がある眠剤がオススメ

なかなか眠れない入眠障害に悩んでいる人は、即効性のある眠剤を処方してもらいましょう。
医学用語では、超短時間作用型や短時間作用型と呼ばれている薬が出されます。効きの速さに特化していて、飲み始めてから30分以内に眠気を感じ始める眠剤なのです。
そのため、「眠れない」「目がパッチリしててまったく眠くない」という人に最適な薬。
超短時間作用の薬にはマイスリーやルネスタ、アモバンなどがあります。
効果のピークは1時間未満で、作用している時間は2~4時間という特徴があります。

加齢には勝てない?早く起きる人向け!

眠りの浅さが原因で夜中に何度も起きる人や予定より早く起きてしまう人には、効き目が長い眠剤を処方してもらいましょう。
入眠障害とは違って寝つきの悪さには問題がない人が多いため、長時間の効き目がある眠剤が有効的なのです。
また、効きの長い薬では慢性的な不眠症を患っている人にも使用するケースがあります。一時的な不眠症には、超短時間型や短時間型がよく処方されています。

他の人からもらった眠剤を飲んではいけません

初めて眠剤を飲む際には、あなたに合った薬を服用しましょう。家族である祖父母が使用している薬を飲んだりするのは、リスクしかありません。
血縁のある家族でも、体調や体質で作用が変わる可能性があり大変危険なのです。逆にあなた自身の症状が悪化したり、副作用が強く出たりします。
思いもよらぬ作用を引きださないためにも、専門医と相談してから眠剤を使用しましょう。
眠剤の譲渡は国内で処方された薬でも法律で禁止されているため、他の人と薬を交換したり分けあったりしないようにしてください。