病院でよく処方されている眠剤をチェックしよう

机の上で横になっている女性

眠剤の中には、慢性的な不眠症に効く薬から自然な眠りを誘うオレキシン受容体拮抗薬やメラトニン受容体作動薬といった薬があります。
また薬局やドラックストア、ネットの物販サイトでも買えるのは眠剤ではなく睡眠改善薬です。
不眠状態に陥っている人の中には改善薬で治そうと努力している人もいますが、慢性的だと効果を感じられません。
眠剤の種類を知って、自分に合った処方薬を使用していきましょう。

実はいろいろある眠剤の種類

眠剤の中には、さまざまな種類の薬があります。個人に合った薬を処方するために、症状別で処方されているのです。
また一時的な不眠に陥っている人は、自然な眠気を誘う薬が処方されるケースもあります。

慢性的な不眠症には眠剤が使用される

不眠症になっている人の中には、一時的ではなく慢性的に不眠症になっている人がいます。
サプリメントの服用や生活習慣を正しても治らない傾向にあるため、最終手段として眠剤が処方されているのです。
寝つきの悪さが酷い人には即効性のある薬、途中で何度も起きるという人には効き目の長い薬が出されます。
不眠症治療薬が必要かどうかは、一般人では判断しにくいので必ず医師と相談してから処方してもらいましょう。

自然な眠気を誘うオレキシンとメラトニンの役割とは

眠剤の他にもオレキシン受容体拮抗薬、メラトニン受容体作動薬という薬があります。さっそく詳細をチェックしていきましょう。

【オレキシン受容体拮抗薬】
オレキシンとは脳内にある物質で、起きている状態を安定させる働きがあります。オレキシン受容体拮抗薬は、オレキシンの働きを弱める役割を持っているのです。
脳の状態を覚醒から眠気にスイッチすることで、自然な眠りを誘います。

【メラトニン受容体作動薬】
メラトニンは、人体にある体内時計の役割を持っているホルモン。
メラトニン受容体作動薬を使用すると、体内時計を介して脳内の覚醒と睡眠を正常なリズムへと戻してくれる働きがあります。

どちらも生理現象に近い眠気を促してくれるため、慢性的な不眠症ではない人によく処方されている薬です。

一時的な不眠状態には睡眠改善薬

市販やネットでも販売されている眠剤があるのを知っていますか?病院で処方されている眠剤とは違って、時差ボケの際に生じる睡眠スタイルの改善をしてくれる薬です。
風邪薬や鼻炎薬に含まれている眠気の副作用を利用した薬なので、不眠症には効きません。そのため眠剤ではなく、睡眠改善薬と呼ばれています。
代表的な商品はドリエルやリポスミン、ナイトプラスといった薬があります。

頻繁に処方されている眠剤をランキングで確認

不眠症を患っている人の中には、眠剤の詳細を知ってから飲んで改善していきたいと考えている人もいるのでないでしょうか。
誰にでもなる可能性がある不眠症は、どのような薬が服用されているのか私たちのような素人では把握しづらいですよね。
そこでここでは、病院でよく処方されている眠剤をランキング形式で紹介していきます。

①ベルソムラ錠15mg(オレキシン受容体拮抗薬)
②マイスリー錠5mg(入眠剤)
③ロゼレム錠8mg(メラトニン受容体作動薬)
④ルネスタ2mg(不眠治療薬)
⑤ベルソムラ錠20mg

「まずはベルソムラ錠で様子を見ましょう」と医師が判断するケースが多いようです。慢性的になってくると、不眠症治療薬であるマイスリーやルネスタが処方されています。

基本的にどの科でも処方されている

眠剤は、基本的に精神科や心療内科だけでなくどこの医療機関でも処方されています。
例えば患者が風邪をひいて病院で解熱剤をもらう他に、「風邪以外にも最近眠れていない」という患者の一言で解熱剤と眠剤を一緒に処方する医師もいるのです。
更年期障害に悩んでいる女性であれば、ホルモン剤と一緒に眠剤を処方されるケースもあります。

しかしその医師が必ずしも、不眠症のエキスパートとは限らないのです。どの医師にも得意分野があり、不眠症を専門としていない医師もいます。
中には症状とまったく合っていない薬を処方されて、1ヵ月以上服薬しても効果が出なかったという人もいるのです。
そのため「不眠症かもしれない」「あまりにも眠れていない」という時には、不眠症を専門分野にしている医師に相談するのをオススメします。