眠剤は不眠症治療に欠かせない!

ナイトライフ

眠れない毎日が続きネットで「眠れない」と検索している人ほど、自分が不眠症になっていると気づいていないケースがあります。
眠れる薬を探そうにも「本当に効くか分からない」と感じてしまい、購入できていない人もいるのではないでしょうか。
しかしネット上の物販サイトや、ドラッグストアで販売されているのはどれも眠剤ではありません。
眠剤を買うためには、病院や海外通販を利用する必要があるのです。

眠剤とは睡眠薬のこと!

眠剤とは、睡眠薬と同じ意味合いになります。不眠症を患っている人の中には、睡眠薬のことを眠剤と呼んでいる人もいるのです。
不眠症治療をするためには、病院で医師に判断してもらう必要があります。不眠症は寝る時間を確保できているにも関わらず、目が覚めてしまいます。
眠剤には、そのような不眠症の症状を緩和して眠れるようにサポートしてくれる働きをもっているのです。
「いくら早く寝ようとしても寝られない」「夜中に何度も起きる」という人は、不眠症を患っている可能性があるため早めに医療機関へかかりましょう。

眠剤は病院と通販でゲットできます

眠剤を手に入れるためには病院やメンタルクリニック、海外通販という手法があります。病院やクリニックでは、不眠症と診断された人のみ。
海外通販を利用する人は、すでに不眠症と診断されて自分がどの薬を飲むべきなのかを分かっている人が活用している方法です。
あなたにはどちらが当てはまりますか?

病院は保険が効く

病院やクリニックで不眠症と判断された時は、保険が効きます。そのため治療費を気にする必要がなく、毎回出費に焦りを感じる必要もないのです。
初診は2,500円~3,500円ですが、2回目の診察では2,000円以内で収まるケースもあります。
薬が切れたとしても、毎回医師と面と向かって相談ができるため安心感が違います。

また不眠症と判断された人の中には、治そうとしても仕事が理由で十分に休みが取れないという人がいます。
毎日忙しい日々を送っている人は、別途料金で診断書を作成してもらえます。
眠剤と共に自宅療養を考えている人は、会社に提出する用の診断書を作成してもらいましょう。

「不眠症かもしれない」「眠れないけど病院行ってもいいのかな」と悩んでいる人は、ぜひ一度病院へ行き医師と相談してください。

人目が気になる人は海外通販で決まり!

病院で眠剤を処方してもらっている人の中には、自宅の近くにメンタルクリニックしかなくて周囲の目が気になるという人もいます。
家族や知人にバレたくなくても、処方箋の袋でクリニック名が書いてあるとすぐに判明してしまうのです。
「腫れものを見るような目で見られたくない」「治療を続けるなら通院プライバシーが欲しい」と感じている人もいるのです。
「治したくてもクリニックには行きたくない」というジレンマを抱えている人は、海外通販で眠剤を購入するのをオススメします。
海外通販は、薬版のネットショッピングです。洋服や雑貨を注文している感覚で、自宅にいながら眠剤が買えます。
薬が届く時も、ダンボールで届くため家族にバレる心配はありません。

不眠症になると日常生活に悪影響ばかり

不眠症になってしまうと、心身共に悪影響が及び始めます。
食べた後の眠気を利用しようとして夜食の回数が増えたり、イライラが募ったりします。やがて鬱も併発する可能性があるのです。

眠れない人は太りやすい

睡眠時間が短いと、人は肥満になりやすいという研究結果があります。
1日を通して起きている時間が長いと、「ちょっと小腹が空いたな」と感じる時ありませんか?
実はその「つい食べてしまった」という行動自体が、睡眠不足によるものなのです。
睡眠時間が減っていくと、食欲抑制ホルモンと呼ばれているレプチンがどんどん低下していきます。その代わりに、食欲増進ホルモンであるグレリンが増えていくのです。

不眠症になり、早めに治療せずに放置しておくと睡眠不足が続いていきます。すると夜食や間食が増えていく人もいて、肥満に繋がります。

不眠とうつ病の関係

眠れない日々が続いていくと、だんだん精神的にツラさを感じやすくなります。酷い人だとうつ病になる人も。
不眠症の人は、健康体の人の2~3倍の確率でうつ病を発症しやすいという研究結果があり切っても切れない精神病なのです。
また逆にうつ病を患っている人は、不眠症を併発しやすいと言われています。悪化を防ぐためには、早期発見するのが一番です。
眠れない日々が1ヵ月以上続き、イライラや眠れないことに対して焦燥感を覚え始めたら速やかに病院へ行きましょう。